わたしたちの歩み

税理士として新たな歴史を刻む

スマイルズマネジメントグループの歩みは、代表であり創業者である高橋史郎の歩み。
ここでは髙橋自身のプロフィール、税理士を目指したきっかけ、中小企業への思いを語ります。

his_01

1973年、県北の築館町に生まれ、自然に囲まれながら育ちました。
築館高校卒業後、経済人として何かを成したいという強い想いで東北大学へ進学しました。
大学では管理会計を学び、会計・数字の力で企業経営に携わりたいと思うようになりました。
その想いのもと、大学卒業後、日立東北ソフトウェアに就職しました。
約5年間、出納・決算・予算管理などの実務を経て、経理システムの設計に従事していました。
そのなかで、よりダイレクトに、もっと身近に企業経営に携わりたいと思い、企業を飛び出し、税理士を目指すことにしました。

his_02

1年半の受験専念と会計事務所で5年半仕事をしながら、税理士試験を受け、無事合格。
合格当時勤務していた筒井俊明税理士事務所の筒井所長のパートナーとして税理士法人さくらパートナーズを設立しました。
地域ナンバーワンの税理士事務所を目指し、サービス内容の充実・品質の向上に取り組みました。
約10年間、中小企業の経理に携わるなかで、月に1回来る唯一の専門家である税理士事務所こそ、社長の最も身近な相談相手、良きパートナーたりえる、
「中小企業の経営を良くすること、成長発展に貢献することが税理士事務所の使命である」
と強く思うようになりました。

his_03

全てはお客様の笑顔のために
スタッフ、関わる家族の笑顔のために
共に解決し、共に歩んでゆく
お客様の良き伴走者として
数字の力で成長発展に貢献する
ココにこだわりぬく税理士事務所を作りたいとの想いのもと
2014年4月、仙台にて起業しました。